検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼリーフライ

世の中には未だ知らない
食べ物があるものです。

それが地域限定で
その地区に古くから伝わるものだったりすると
その地域に住む人からは
なんだ、そんなものも知らないの?
となるのですが
知らないものは知らないのです。

皆さんは行田市の
ゼリーフライをご存知ですか?



あんた、ゼリーをフライにしちゃいけませんよ!

ぷるんぷるんがサクサク!って!
おかしいでしょ!

この店構えからみてわかる通り
もう60年以上歴史がある食べ物です。

さっそく食べてみました。

これがゼリーフライです。



小さなコロッケのようなものです。
しかし中身はオカラと蒸かしたジャガイモを揚げたもので
決してゼリーが入っているわけではありません。
刻んだニンジンなども入っていて
とってもヘルシーな食べ物です。
揚げたフライに割り箸をさし
昔から使っているソースにくぐらせれば完成。
油で揚げたとは思えないほどさっぱりした
懐かしいコロッケのような味でありました。

ではなぜゼリーなのか?

諸説ありますが、昔は銭(ゼニ)フライと呼んでいたそうです。

●小判のようなカタチをしているから
銭フライ~ゼリーフライとなった説。
●小銭で買えるから
銭フライ~ゼリーフライとなった説。


以上が定説ですが
今回取材したところ、真相がわかりました。
老舗では創業当時から既にゼリーフライと発していたそうです。
ということは
銭フライは後からつけた名前で
元々の名前はゼリーフライだったようです。
ゼリーとは、当時駄菓子屋で売られていた
ビーンズのようなゼリーを意味し
その食感に似ていることから
ゼリーフライと呼んでいたそうです。

ご当地B級グルメ。
今後も探求していきます。

おけ

Comment

No title

名前に引っ張っられて、なかなか味が想像できない~(∋_∈)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。