検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニョロリ

練馬区にある石神井公園で
ニョロリ。

あれ?
ドジョウかな?
なんでしょう?



今日、やまさんが
「ここにタウナギがいたよ。なんでこんなのがいるんだ!?」
と慌てていたので
「そりゃ長いドジョウじゃないんすか?」
と言うと
「違うよ!だって見たもん!」
とプンスカ怒ってしまいました。
写真を撮った、というので見せてもらうと
どうやらカメラの設定がおかしくて
謎の茶色い物体になっていました。
あーこれってまるで
水曜スペシャルのオープニングみたいだ。
「UMA的なもんですねー」
と言うと
ますますプンスカ怒ってしまいました。

タウナギとは琉球列島や奄美大島に生息する魚で
ウナギといってもウナギ目の仲間ではなく、タウナギ目の魚です。
沖縄の地域団体群はレッドデータブックに記載されています。

そんなもんが石神井公園に??

やまさんもプンスカ怒っていることなので
現場に行ってみた。
しばらく水中を眺めていると
ニョロリとしたものが。
それが先の写真です。

そして素穴から追い出して確保してみると




ほんとだ。

タウナギだ。

誰かが放流したんでしょうか?

調べてみると、4年ほど前からこの地で確認されているようです。
関東の水路や上野公園などでも見つかっているそうです。

なんで?

ちょっとびっくりです。
こりゃ繁殖してますな。

あー
やっぱり食べられるらしいですよ。


おけ

Comment

No title

年上の人の話はちゃんと聞くものですョ。



タウナギは腹ビレ、胸ビレが無く、背ビレ、尻ビレ、尾ビレも

痕跡しかなく、まるでヘビのような形をしている魚です。

エラも退化しているため口の中などの粘膜から空気を吸収

するため定期的に水面に頭を出さなければなりません。

こんな事からもどう見てもヘビみたいな魚です。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。