検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セアカフタマタクワガタ

セアカフタマタクワガタ.jpg

熱帯館昆虫展での生体展示クワガタを紹介しています。

今回はセアカフタマタクワガタです。

特徴的な大アゴの形をした最大全長9cm近くになる

大きなクワガタです。

生息地はインド、タイ、ミャンマー、マレー半島、ボルネオ島、

スマトラ島



ところで、おけさんは外国産昆虫の取り扱いについて

述べていましたが、国産昆虫についても同様な事が言えます。

日本は島国であるため大陸からいつ分離したかによって

それぞれの島で微妙に形の違う亜種として変貌してきました。

ヒラタクワガタの仲間は亜種間で交雑してしまう事が知られています。

本州と北海道のミヤマクワガタも亜種として分類されています。

東京ドームシティの会場でも北海道産のミヤマクワガタが

ペアで大量に売られていました。

採集も含め考えてしまいます。



 やま

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。