検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オツネントンボ

 またまた今日もアキアカネの産卵シーンを撮影したく自然池へ行ってみまいた。
晴天とまではいきませんでしたが、産卵しに来てもおかしくない時々晴れ間が出る天気です。
期待してしばらく観察し、単体のアキアカネはたくさんいるのですが連結で産卵にやってくる固体がいません!単体の固体がたくさんいるのにかかわらず何故産卵する固体がいないのか分かりませんがトンボの場合、何かのきっかけで一斉に産卵する事が多々あります。
そのチャンスを逃さないようにと通ってはいるのですが今日もこの場所ではダメでした。。。

しかたなく諦めて赤トンボ=田んぼのイメージを頭に浮かべて、田んぼのある公園へと足を運んでみました。
自然公園の一角に田園を設けてあり、まだ刈り入れされていない稲があり水も引いてあり、アキアカネの産卵場所にふさわしい一級ポイントといわんばかりの場所です!ここも単体のアキアカネが田園上空にたくさん飛翔して雰囲気はありましたが連結の固体は一向に来ません。。。
しかたなく諦めて帰ろうと思ったら草原に一頭のイトトンボを発見しました!止まり方と色から見てこ、これは!と接近すると、まさしくオツネントンボ!!!



早速撮影したのですが良い位置に止まっていなかったので写りはあまり良くありません。。。

オツネントンボは成虫で越冬することから越年(おつねん)の名がつきました。
生息地、数とも激減している稀少種です。探しても見つからないけど探してない時に見つけてしまう!そんなトンボですかね~

来年春には産卵シーンなどと遭遇して見たいものです。


撮影地:大田区

撮影難度3

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。