検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモヤケ的昆虫

寒い季節はもう十分です。
はやく夏にならんやろか。

こんな難儀な季節に活動する変な昆虫もいるんですわ。
雪の上で徘徊するあやしいカワゲラや
ユスリカの仲間にはなぜか雪の上で活動するおかしなやつらがいるんです。
シモヤケにもならず、よく頑張れるもんだ。

そんなシモヤケ的昆虫の一種
セッケイカワゲラを探してみたのだが
残念ながら発見できなかった。
その理由はやはり寒さである。
根気よく探す余裕がない。
夏の有り難みをしみじみ感じる。

しかしちょっと違うカワゲラを見つけました。
名前はよくわからん。
セッケイカワゲラには羽がないのだが
こいつは立派な羽がある。
しかも飛ばないで雪の上を徘徊しておる。
なかなか怪しいやつだ。



同定用に採集した個体は袋の中ですぐさま絶命していた。
やはり気温が低くないと活動できないらしい。
いくら外敵が少ないとはいえ
このようなキビしい環境に適応するとは
何とも言いがたい。
大不況の世の中を生き延びるヒントを
シモヤケ的昆虫から「ガイアの夜明け」風味に学んでみるべきである。

おけ

Comment

No title

正式な和名がよくわかりません。

餌が何なのか、捕食できる構造のかもわからんです。



板橋ではホシホウジャクが飛んでましたよ。



No title

これはよくクロカワゲラ科の一種として図鑑などに載っている奴だな。1月頃から羽化するらしいゾ。

わしも昔、十和田でたくさん見た事がある。



ところで昨日、今日は温かく熊谷ではキタテハが飛んでいるのが目立ったゾ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。