検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿島の貝

アサリとオニアサリ.jpg

自然クラブスタッフ数名で観音崎FWの下見に行ってきた。

道もすいていてスムーズに下見が出来たので、

新地開拓で猿島に行ってみた。

船で島に渡るのだが、それが冒険心を沸き立たせる。

最初に付いた浜は砂鉄で黒い。

島の中は戦争時の砲台跡やレンガ造りの弾薬庫など

戦争の跡がいっぱい残っている。



いよいよ磯に出てみればナマコ、アメフラシ、ウミウシ、

イソガニ、フジツボなど生き物がいっぱい。

早速カメラ片手に観察と普通ならこうなるのだが、

ジャジャ~ンと取り出したここでの観察道具は熊手、

そう、ここはアサリとオニアサリの宝庫なのだ。

自分で捕った天然の貝、美味さは潮干狩り場の

放流あさりとは雲泥の差。

今晩美味しくみそ汁でいただきました。



 やま

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。