検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島の宝

鹿児島県の徳之島が普天間基地移転先の候補にあげられ
騒ぎが起きている。
徳之島の住民としてみれば寝耳に水の事態であり
驚きと不安で大変なことになっているだろう。
静かだった島に突然米軍基地ができるとなれば
島民の怒りも当然のことであろう。
環境問題や日常生活の支障を訴えるプラカードを持ち
抗議する島民の映像をニュースで見た。
とても気の毒に思うし
ボクと同じように思う人もたくさんいたと思う。
しかしその半面
何か釈然としない感覚を覚えた。
沖縄では同じような活動を30年以上
毎日のように続けているのだ。
しかし、よほど大きな問題の後でもなければ
全国ニュースでその映像が流れることなどありえないのだ。
もし、もっとメディアで沖縄県内の活動等が扱われていたなら
基地問題に対する国民感覚も違ってきていたのではないだろうか。
あるいは基地の存在についてもっと意見が出て
何かしら前進していたかもしれない。

対岸の火事ではないのだ。

綺麗な海やサンゴ礁の生き物が失われるのは
悲しいことであるが
それ以上に人が殺気立ってくるような事態って
やっぱり嫌ですね。



おけ

Comment

No title

>八王子の駄馬さん

コメントありがとうございます。

今までの政党が沖縄をあまりにも後回しにしすぎていた感じが

ここにきてよくわかりますよね。

民主党に期待しているのですが・・・



No title

難しい問題だと思います。

例えは良くないですが、電力問題でも同様な事がいえるのではないでしょうか?

危険の少ない施設であれは、使用している人間の近くに設けても問題は無いはずですよね?でも現実には違う実態が‥。

基地が必要の無い世の中が、早く訪れる事を切に望む次第です。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。