検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①ザリガニは今日も赤かった。

連休に東北へ行っておりました。
季節外れのサクラ満開とこいのぼりのコラボ。
今年の夏はどうなってしまうのやら・・・。

さて、数ある溜め池のほんの一部にアメリカザリガニが定着していて
なんとかせねばならんのである。
というのもアメリカザリガニは雑食性の外来種で
水草やら小魚、水生昆虫などを食べてしまい
溜め池の生物多様性が大きく損なわれてしまうのである。

アメリカザリガニといえば“まっかちん”の名前で親しまれている。
団塊世代の方々でも、かつては遊んだ記憶がある生き物かもしれない。
それほど古くから日本に定着してしまっているので
アメリカザリガニがまったく住んでいない日本古来の水辺環境ってやつを
知っている人は少ないかもしれない。
保全活動を行っている久保川地区ではこのアメリカザリガニが
ほとんど入り込んでいないのである。
それがどういう意味なのか
わかる人ならばウムムとうなり北の空あたりを睨むことでありましょう。
しかしごく数カ所の溜め池にはアメザリが入り込んでいることがわかり
昨年から本格的に排除活動を始めているのだ。

春になったのではやくもアメザリさんは活動を初めておりまして
仕掛けてあるワナの中には




・・・・。
まぁとんでもない有様であります。
幸い生息地の周りに他の溜め池がないことから
こいつらの生息場所が広がる危険性は少ない。
しかしなにがあるかわからないので、どげんかせんといかん。

今回連行されてきたドレイの8poはあれほど溜め池があるにもかかわらず
ほんの一部にしかアメザリがいない、という事実にさすがに驚嘆しておった。
なのでこの有様を目の前にしてスーパーサイヤ人のように髪を逆立て
しっかり保全活動のお手伝いをしてくれたのである。

さて
捕まえたザリガニのごく一部でありますが
とある人の発言により
一風変わった容器に移し替えされたのであります。




んんん!!!

ナ・・・鍋やんけ!

どうすんねん??

まさか??




おけ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。