検索フォーム
QRコード
QR
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒガシカワトンボ

ヒガシカワトンボ交尾100514-2A.jpg

これも横沢入で写した。

ヒガシカワトンボの交尾である。

アングルが悪いが、これもハート形である。



ヒガシカワトンボは東京の丘陵地から山地方面の細い沢のあるところならどこでもたくさん見られたのだが、

近年、青梅周辺では見られる数が減ってきているように思う。

一番の原因は天候不順で大雨による流出と干ばつによる一時的な水域の減少によるのではないかと思っている。



 やま

Comment

No title

コジー君

ご指摘ありがとうございます。

DNA鑑定で和名が変わったようですね。



本音を言えばニシカワトンボもヒガシカワトンボもオオカワトンボも同じ種になって欲しかった。

ここは東京なんだからニホンカワトンボをヒガシカワトンボと呼んで何故悪いと開き直りたいが、ニホンカワトンボという名前も何か釈然としない名前ではある。もう少しどころかもっとたくさん風情のある名前にしてほしいものである。



サケをシャケ、ウグイをハヤと呼んで悪いかコノヤローと江戸っ子は言うのである。(なんか違うな)

ところで、多摩川の青梅付近では、ハヤが群れて産卵間近になってきているみたいです。

No title

やまサン、こんにちは。

ニシカワトンボはアサヒナカワトンボ Mnais pruinosa。

オオカワトンボ(ヒガシカワトンボ含む)はニホンカワトンボ Mnais costalisと和名を変更したようですよ。



やまサンが撮影された場所に先日、僕も訪れてアサヒナカワの羽化を撮影中にどこかの大学教授らしき人に何カワトンボと聞かれたのでヒガシカワトンボですと答えたら、和名変更してるよ!知らねーのか!と言われました。。。トンボ好きな僕にとっては情けない話しですが...



アサヒナカワとニホンカワの区別ですが縁紋の大きさと位置で区別するようですが僕はどっちがどっちだか解りませんですが。。。



両種同時に並べて見ないと解りませんですよ。



非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。